更年期障害によって起きる問題|解決の緒を掴め

卵巣機能が低下すると

医師

若い女性や男性も

更年期障害は卵巣機能の低下により女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによっておこります。一般には50代前後の人が多く、疾患ではなく一時的な機能障害ですので、時間の経過とともに治っていきます。50前後の方は閉経が主な原因です。更年期障害は卵巣機能の低下が原因ですから、20代でも卵巣機能が低下していれば同様の症状がみられます。女性だけの障害と考えられていますが男性更年期障害というものもあります。男性の場合、男性ホルモンであるテストステロンが減少することによって発症します。このように見ていくと、更年期障害は老若男女関わらず起こるホルモンによる障害と理解できます。若いから更年期障害ではないと言い切れないため、疑わしい場合は病院受診が必要となります。

みんな症状がバラバラ

更年期障害は閉経前後のほとんどの女性に何かしら症状が出るといわれる障害です。ほとんどの女性が何かしら経験する障害ですので、関心のある方も多いと考えられます。障害の程度はかなり個人差があります。障害の内容もめまいや便秘、肩こりやイライラなど様々です。このような多様な症状は自律神経の働きに障害が生じることによってもたらされています。ではどんな治療方法が選択されているのでしょうか。更年期障害はホルモンの減少で起こります。それを補うホルモン療法が治療の中心です。さらに様々な症状は自律神経の乱れからきているので自律神経調整剤の内服も必要になります。ビタミン剤が処方されることもあります。こちらも自律神経の調整に役立ちます。

Copyright © 2016 更年期障害によって起きる問題|解決の緒を掴め All Rights Reserved.